スポンサーサイト

Posted by 晶(しょう) on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードボイルドな奴ら

Posted by 晶(しょう) on 19.2009 0 comments
Vol.1 『DOGS/BULLETS&CARNAGE』第4巻予約限定特装版

30分程度でアニメが、2編。
銃撃戦とか血の出る映画とか苦手な方は、もしかすると
受け付けられないお話かもしれません。

けども、石田さんのバドーは、めっちゃ魅力的なキャラなのです。

ミハイ(大塚さん)の過去話とバドー(石田さん)の過去話
第1弾のドラマCDの内容ですね☆
あの内容が、動くなんて、もうっ
素晴らしいっ。
絵も綺麗だし。
ドラマCDの時の方が、痛々しい気がしました。
想像をいろいろ巡らすからかな(^^;)

相変わらず、ぶっ飛んだバドーたちで(笑)
まさしく、彼らは、ハードボイルドだよぉ

以下、ネタバレいっぱいです。
これからの方は、ご注意ください。
また、すごく長くなっておりますので、お時間ある時にどうぞ。
バドー編は、コメディ&バドーの魅力が満載編(笑)
とにかく、もう、バドーが、面白いです。
う~んと、たぶん、彼、忙しいです(笑)

ドラマCDの時に、あのバドーにすっかり虜になった訳なんで
まさかアニメで観れるとはなぁ、、、、嬉しい

普段は、ちょろちょろしている情報屋。
運があんまり無くって、情報屋として、あなた、大丈夫?っぽい
ところもあるんですけどねぇ(笑)
ボルドゥネの弱みを握ったんだから、それ売っちゃえばいいのに
それしちゃったら、「俺一生追い回されるんだよ、そんなことできねぇよ」
みたいな小心者のバドー。

で、相変わらず、タバコタバコ(ヤニ)言ってます。

ハイネ(今回は、声無し)に電話で、助けを求めてるけど、まったく
相手にされてないし(ハハハ)
ま、そんな役回り?なバドーです。
公衆電話に八つ当たりっ!

アニメ前半のミハイ編から、つながってる時系列なのか
小銭しか持ってないのに、誰もが恐れる殺し屋ミハイに
誰だかよく分からないまま、ボディガード依頼してみたり、
その発想とか、とにかくかわいいです。
ほんっと、このおとぼけなとこが、上手すぎで。

「あぁ~、もうっ」「もうっいいよっ、自分でなんとかするからっ」
みたいな投げやりなとことか、上手すぎで。
動くバドーの表情見ながら、石田さんの演技を聴けるのは最高でした。

タバコ発見→火を点けようと・・・
→ドア越しに銃弾が→タバコ撃たれて粉砕
→バドーの中で、何かが壊れた→ほぉ~、せっかく
見つけたタバコをよくも壊してくれたじゃん、テメェラっ(と、思ったはず)
→大勢のボルドゥネファミリーの中に一人で登場
→彼らは、弱っちいバドーを想定→ところがどっこい
バドーニコチン切れると、人間変わって、歯止めが
きかなくなるのです~~~~~
→拳銃っていうか、何銃っていうのかな?
ダダダダダダダダって撃てる銃2本を手に、
ダダダダダダダダダダダダダダっ
ダダダダダダダダダダダダダダっ
ダダダダダダダダダダダダダダっ
ダダダダダダダダダダダダダダっ

・・・・・・

イッケーーーーー、オォリャーーーーーー
次は誰だぁ~~~~~っ
てな感じです。(こんなセリフは無かったはず

かっこいい~~~~

ギャップですよね、このギャップ。
そして、その演技。
最高です


こちら↓が、先に入ってるんですけど、
ミハイ編は、ジャンル的には感動編でした。

組織のボスの息子であるイアン(遊佐さん)は、父親の愛情を
受けずに、ただ単に、その跡を継ぐことになる教育をされてる男の子。
 (↑子供時代は、遊佐さんじゃないです)
悲しい目・・・

その教育を任されたのが、若かりしミハイ。
悲しい目をした子供に、明るく接して、たっぷり愛情を注ぎ、
まるで、父親代わりかのようなミハイに、心を開いて、笑顔を
見せるようになったイアン。
そんな生活も、捨てたもんじゃない・・・なんて、思ってるミハイだったのに。

ミハイには、愛してる女性がいたんですよ。
裏世界の人間なので、まっとうな結婚生活とか夢見てる訳じゃないとは
思うんだけど、それはそれで、いい関係を保ってる女性。

だけど、イアンは、それが、面白くなかったのか・・
ミハイが愛した女性に対して、「僕からパパを奪わないで!!」的な
嫉妬で、バンバンバン・・・(←最後に分かる理由)
行き場の無い感情を、どうしたらいいのか分からない
そんな悲しい子でもあり、
その行動たるは、さすが、将来ボスになる子供だぁ
(なんて、感心してる場合じゃなくって)

同時に銃口を向ける緊迫感とか
やり場のない怒りとか
彼女を殺されたのに、イアンへの愛情を裏切れなかったこととか

最後も、イアンに「後ろだ」って、守りましたしね。
切ないところです。

丁寧に綺描かれてました。
遊佐さんの冷酷な感情を押し殺した演技も絶品で。
大塚さんの落ち着いた演技も素敵でした。
ダンディなおじさま(←いやいや実は恐ろしい殺し屋ね)

2編とも、とってもおもしろかったです~
ドラマCD、引っ張りだしてきました。
久々に聴いてみます。

そして、今回、コミックスもちゃんと読みました。
そしたらですね、バドー祭りなんですよん、これが。
このアニメ部分とは違って、ずいぶん、話も進んでるので、
登場人物も多彩ですけど。
バドーは、相変わらず、おちゃめ発揮しております。
この部分もいずれ、ドラマCDになったり、アニメになったりして
もらいたいです~。

テレビアニメになったら、間違いなく、バドーは人気者だと思います。
いいキャラしてるんだけどなぁ
惜しいっ
スポンサーサイト
Category : 作品の感想


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

つぶやき

よろしく♪

バナー置場

相互リンクお友達ブログ様

相互リンク貼らせて頂いている
石田さんファンの皆様です♪
☆ありがとうございます☆


1杯のアールグレイと・・・
(マシュマロvvさん)
みおの日記
(みおさん)
龍崎家の裏事情
(アヲイさん)
○monoRise○
(Cagllaさん)
碧のうみと空の色彩
(香月桜夜さん)
アマロジスタ
(ヤノさん)
KO*TO*DA*MA
(tomeさま)
瑠璃色日和
(璃絃耶さん)
恋桜・・・
(仔嬢さん)
うちの野良猫
(猫石さん)
VoiceSurfらいふ
(ふぅこさん)
とろとろKONBU
(アリカさん)
SKYBLUE WATERBLUE
(藤堂一夏さん)

相互リンク随時募集中です♪

メルフォ

名前:
メール:
件名:
本文:

メッセージお待ちしてます♪

ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

※24時間以内のご訪問は
カウントされていません

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。