スポンサーサイト

Posted by 晶(しょう) on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『長州ファイブ 下巻』

Posted by 晶(しょう) on 01.2009 0 comments
『長州ファイブ 下巻』
はいっ、続巻で~す。
上巻で、とっても熱い男たちの物語に、惹きこまれ、
イギリス上陸って、とこで終わってた作品♪

どんな風に、技術を持ちかえったのかな。
現代の礎をどんな風に築き上げてったのかな。
とか、なんていうか、その辺の興味?もあって、けっこう
ワクワクで、聴きました



ほぼ、山尾(浪川さん)ストーリーでしたが、日本のため
っていう使命を背負った5人が、熱く行動してて、
やはり、胸熱くなりますね。
こういう人たちがいたからこそ、この時代があるんだと
再認識させられます。
うっ、感想がまじめ

藩という枠を取っぱらい、国として行動していかなければ・・・
っていう思いから、5年の留学期間を前倒しで帰国する
聞多(関智さん)と俊輔(菅沼さん)
イギリスに残る3人とは、技術を学び、祖国へ持ち帰り、
再会することを約束して・・・志半ばで、無念の?、、、と言っても
彼ら2人が、帰国後、大活躍したのは歴史が証明しておりますので
その辺は、歴史を見よって感じですかね(^^;)
あんまり、その辺のことは、話になってなかったです。
最後に、改名して、外務大臣他を歴任したとか、初代総理大臣だとか
レポ風な締めに、ちょっと残念な気もしないでは無いですが・・・
う~ん、途中は!!?
って気にならないわけでも無いですが・・・

とにかく、下巻の中心は、山尾目線のイギリス文化・技術の伝承って
ことでした。
山尾がイギリスで出会った大切な女性も登場したりして、
淡い恋だったのかなぁ~なんて、思ったり。
帰国を共にする弥吉(森田さん)も、しっかり鉄道の技術を学んでたし、
最後まで、二人は、祖国のことを想い、再会の約束を心の支えにして、
力入ってました
ってことで、あれ?謹助(石田さん)は????

えと・・・造幣技術を学ぶため、残るわけですが、肺の病に倒れまして
こちらは、本当に、無念の帰国を余儀なくされ・・・
その後は、CDの中では、音信不通に・・・・
いや、つまり、出番無いだけなんですけどね(^^;)

だけど、最後に、造幣局長になり、日本独自の紙幣技術を
もたらしたとの 彼の立派な足跡レポ風報告が。

謹助、帰国後、復活!!してたんですねぇ~
途中っ!!
どうなったんだろう??(^^:)
気になるぅ~~(石田さんだからね、、特に)

いい男たちでした(*^_^*)
スポンサーサイト
Category : 作品の感想


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

つぶやき

よろしく♪

バナー置場

相互リンクお友達ブログ様

相互リンク貼らせて頂いている
石田さんファンの皆様です♪
☆ありがとうございます☆


1杯のアールグレイと・・・
(マシュマロvvさん)
みおの日記
(みおさん)
龍崎家の裏事情
(アヲイさん)
○monoRise○
(Cagllaさん)
碧のうみと空の色彩
(香月桜夜さん)
アマロジスタ
(ヤノさん)
KO*TO*DA*MA
(tomeさま)
瑠璃色日和
(璃絃耶さん)
恋桜・・・
(仔嬢さん)
うちの野良猫
(猫石さん)
VoiceSurfらいふ
(ふぅこさん)
とろとろKONBU
(アリカさん)
SKYBLUE WATERBLUE
(藤堂一夏さん)

相互リンク随時募集中です♪

メルフォ

名前:
メール:
件名:
本文:

メッセージお待ちしてます♪

ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数:

※24時間以内のご訪問は
カウントされていません

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。